アイデアを一番思いつきやすい場所はどこ?

目安時間:約 5分

前回はマインドマップのソフトを使わないやり方をお伝えしました。

 

今回は、アイデアがわきやすくなる場所について考えてみましょう。

 

あなたは、どんな所、どんなときに
いいアイデアが浮かびますか?

アイデアの出し方

これを読むことで、
みんながどんなところで、
アイデアがわくのかを参考にしたり、

アイデアを手放した時にうまくいく方法も学べます。

 

また、これを知らないと、
良いアイデアと焦るばかりで
考えれば考えるほど良いモノに
ヒットせず、当たり障りないものに
なってしまいますよ~。


では、さっそくはじめましょう。

 

アイデアはどこが出やすいか?

今回は、アイデアがわきやすい場所として考えますね。

 

みんなに聞いてみた結果は、

  • 仕事中や自宅で机の前にいるとき
  • バスタイム
  • トイレ
  • 通勤中
  • 散歩中
  • 人と話しているとき
  • お酒を飲んでいるとき
  • 睡眠中
  • 寝入りばなか、目覚めたとき
  • その他

 

これらを違う分類にしてみると、

 

  • リラックスしているとき
  • 真剣に考えているとき
  • 友達との会話の中で
  • 雑踏の中で

アイデアの場所

机に向かっている時は、
おもしろいもので

考えて考えて考えぬく人と
仕事の合間のちょっとボッとした時に
浮かぶ人と極端に別れたりします。

 

 

友達との会話では、
何気ない言葉が引き金になって、
思わぬ展開をしていくこともあります。

お酒が入ると、イメージも膨らみやすく、話も弾みます。
(うまくアイデアに落とし込めるかは
微妙なところもありますが。笑)

 

また、通勤中やカフェで、

雑音や多くの人に囲まれると、
その雑踏自体が壁になり、
意外と一人孤立した感じになりますよね。

 

リラックス中

やはり多いのは、一人くつろぐ、
お風呂の中やトイレタイムで、
体がリラックスしている時に
フッと湧き出るようです。

 

追記:リラックスしているときがベストと思い込んでいましたが、

実は、下記のような困難の中、インスピレーションが働く人がいます。

 

頭痛と歯痛が交互に繰り返すハザマの中で発明した「パスカルの原理」

幻覚にうなされているときのエピソードが物語になったルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」

悪夢にうなされながらヒントを思いついて”ミシン”を発明した。

 

アイデアやインスピレーションが湧く人って

所かまわず…のようです。

 

まあ、静かな方がイメージがわきやすい人は

リラックスできる場所の方がいいでしょうが、

あまりこだわることもないかもしれませんね。

 

 

脳のモードが変わる時

脳をこれ以上ないくらい、
フル回転させ、考え抜いたり、
いろいろイメージしてみたりする時、
脳がある種のモードに変わる感じがします。

もうその事以外何も考えられない位。

 

仕事の締切間近の時はかなりシンドいけど、
アイデアを楽しくわかせる方法があります。

 

それは、自分の何かの趣味に没頭すること

仕事ではなかなか集中できないのに

なぜか好きなことって自然と集中できるんですよね。

 

趣味に没頭

ただ趣味をやっていたはずなのに、
なぜかアイデアも湧いてきたりします。

 

友達は、週末に通うテニスクラブで
ライバルとの激しいラリー中に、
難関だった商談のヒントを思いついたとか。

 

このように、アイデアと違う好きなことに

没頭してみるのも手ですね。

 

少し長くなりそうなので、続きは、
アイデアを寝かせてみようー時間の効果でどうぞ。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
New posts
アーカイブ
最近の投稿
プロフィール(My Profile)
人気のページ